ホーム > スポンサー広告 > レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺すホーム > 海外ニュース > レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す

レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す


性的暴行を受けた被害者家族は一生消えることの無い心の傷を負って生活を続けていくことになってしまいますが、スペインでは性的暴行を受けた少女の母親が報復のため犯人の男を焼き殺すという事件があったそうです。母親は娘の性的暴力事件から何年も精神的な病にかかっており、こういった事件が被害者だけでなく、被害者家族にもどれだけ心の傷を残していくのか伝わってきそうです。

報復の被害にあったのはアントニオ・コスメ・ベラスコ・ソリアノ元受刑者(69歳)。ソリアノ元受刑者は1998年にパンを買いに街へ買い物に来ていた少女をナイフで脅し性的暴行を加え9年の実刑判決を言い渡され、刑務所で服役していたそうです。

ソリアノ元受刑者は2005年の6月に3日間だけ仮出所し、少女に性的暴行を加えた街でもある故郷に戻っており、近くのバーに向かうときに被害に遭った少女の母親と道ばたで遭遇したそうです。その時にソリアノ元受刑者は大声で「娘の調子はどうだ!」など、性的暴行事件のことに関してあざ笑い、被害女性の母親を挑発していたそうです。

あざ笑った事に対して頭にきた母親は、バーに向かったソリアノ元受刑者をガソリンを持って追いかけ、バーで酒を飲んでいるソリアノ元受刑者にガソリンをかけマッチで火をつけたそうです。母親は全身炎に包まれるソリアノ元受刑者を見届け、バーを後にしたとのこと。母親はその日の晩に逮捕されたそうです。ソリアノ元受刑者はバーにいた人たちの救助にもかかわらず、全身の60%程焼けこげており、すぐにヘリで病院に搬送されましたが、その11日後の6月24日に死亡したとのこと。

逮捕翌日、裁判所に出廷した母親に対し街の人々は拍手と「ブラボー」という歓声で迎えたそうです。


まさに復習ですね。
女性が被害になる事件は後を絶ちません。
性的犯罪者に対して「ちょん切ってしまえ!」とかネット上でもよく言われていますね。
この男、それ以上の苦しみを与えられてしまいました。
生きたまま焼かれ意識が戻ったかどうかわかりませんが11日間苦しんだんですね。
苦しまずにすぐに死ぬことも許さぬ天罰ですね。
自分が事件を起こした街にフラッと帰ってくる神経もわかりません。
被害女性の母親に対して「娘の調子はどうだ!」って言えば娘のためなら何でもする気持ちになるでしょう。それが親じゃないかと思います。
Bravo!!

ケイ

にほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト
[ 2009/02/26 18:29 ] 海外ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Ads by Google
カスタム検索
@roots
Ads by Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。