海外ニュース 今日気になったニュースに物申す

~気になるニュースを堅苦しくなく語るブログ~

ホーム > カテゴリー - 海外ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<八つ子>米で誕生 男児6人女児2人 世界2例目

米国ロサンゼルス郊外ベルフラワーの病院で26日、男児6人、女児2人の八つ子赤ちゃんが生まれた。AP通信が伝えた。生存したままの八つ子誕生は98年に米ヒューストンで生まれた例に次ぎ、世界で2例目という。
 病院によると、8人の体重は680グラムから1470グラム。いずれも健康で元気に泣いているという。病院は母親の名前や健康状態、排卵誘発剤を使用したかどうかなどについては公表を避けている。
 ヒューストンで生まれた八つ子(女児6人、男児2人)は、約1週間後に女児1人が死亡、他の7人は成長して昨年10歳になったという。


八つ子かぁ。。。
これは世話するのが大変そう。
お腹が空いたら一斉に泣き出すだろうし。。。
当然、おっぱいも2個しかないわけだし。
親戚やボランティアの人が手助けするのかな?

しかし何を買い与えるのも8人分なのか。
公的援助みたいなものがないと育てるのは経済的に苦しいかな。

病院は詳細を伏せているけど8人の赤ちゃん連れて退院したらすぐばれるな。
もう名前は決まったのかな?
3人目当たりでめんどくさくなってジョンとかポチとかつけたてたりして(おい!犬じゃないから)。

ベビーカーの会社が8人乗り作ってプレゼントしたらいいのに。
それも横1列のやつ。
よほど歩道が広くないと使えないようなものを。

全員誕生日が同じなのかな?
日にちをまたいで産んでいる可能性もあるかも。
いずれにしても誕生日は賑やかそう。
親が見た目で分からなくなって途中で入れ替わる子も出るかも??
3歳まではスティーブだったけど途中でマイケルになるとか。

成長が楽しみですね。



ケイ

にほんブログ村 ニュースブログへ

[ 2009/01/27 23:26 ] 海外ニュース | TB(0) | CM(1)

オバマ大統領はスモーカー

たばこは“公約破り”…オバマさん、今度は禁煙できますか
 【ワシントン=本間圭一】オバマ米大統領が、喫煙全面禁止のホワイトハウス入りに伴い、これまで失敗してきた禁煙を今度こそ実行するかに注目が集まっている。
[記事全文]

images.jpg

オバマ大統領タバコを吸っているところを見てみたい。
くわえタバコかな?葉巻じゃないのかな?
オバマ大統領喫煙することは喫煙者の強い味方にはならないらしい。
止めた事による喫煙者の増加の方に期待があるみたいだ。
しかしホワイトハウスには喫煙室もないのかな?
1993年にヒラリー・クリントン氏が全面禁煙にしたんだそうな。
喫煙室があったとして一般の職員と和気藹々と世間話しながら吸ったら庶民派だな。
う~ん、止めれなくて大統領室の窓を開けてこっそり吸うんじゃないのかな?
火災検知器のベルが鳴ったりして(笑
スプリンクラーで大統領水浸し。。。

タバコをまだ吸っている事を告白した正直さのほうに拍手!



けい

にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2009/01/27 09:26 ] 海外ニュース | TB(0) | CM(0)

「任務遂行しただけ」=不時着の米機長

「任務遂行しただけ」=不時着の米機長、地元加州で歓待

 【ロサンゼルス24日時事】今月15日に旅客機でニューヨークのハドソン川不時着しながら1人の犠牲者も出さなかったUSエアウェイズのサレンバーガー機長は24日、事故後初めて公に口を開き、「皆が訓練通りに任務を遂行しただけだ」と冷静に振り返った。
 報道によれば、機長はこの日、自宅のあるカリフォルニア州ダンビルで催された栄誉をたたえる式典に出席。会場に詰め掛けた市民ら約3000人に「経験豊かな乗員が、あの日のあの便に乗る巡り合わせだったのだ」と話した。妻ロレインさんと娘2人も姿を見せ、勇敢な夫を熱狂的に歓待する市民に感極まる場面もあった。 

3702180.jpg

サレンバーガー機長飛行機操縦歴40年のベテランだそうだ。
2基のエンジンが故障して策がなくなった時の心境は計り知れない。
全ての乗客乗員の命を守れる確信があっただろうか?
ハドソン川への不時着はできる選択肢の中の最善の策だったと思う。
その思いつきも機長の経験から来る判断だったに違いない。
もし近くに川が無かったら、もし近くに救助してくれるフェリーが無かったら。。。
機長にグライダーの経験があったのも幸いしたようだ。
「もし」が全て備わった事故だった。

飛行機操縦士には偶然なれるものじゃない。
ある会社に入って志望する仕事と違う部者に配属されるのとは訳が違う。
当然、人間だから向き不向き、上手下手はあると思う。
幸いにもこの機長は優れた腕を持っていたのだろう。
今、機長はやり遂げた充実感と幸せを感じていると思う。

機長は軍のパイロットだったそうです。
爆撃したら150人の命は簡単に殺せますね。
同じ飛行機という道具で150人以上を助けたわけですね。

乗客の中に一人でも運の悪い人がいなかったのは奇跡ですね。
恐らく日ごろの行いの悪い乗客だっていただろうし。
神様は選んだ人々をこの飛行機に搭乗させたのかもしれない。
まだ、死ぬには早い人たちを。



けい

にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2009/01/26 17:51 ] 海外ニュース | TB(0) | CM(2)

オバマ大統領、「ハンサム過ぎ」で不評??

オバマ新米大統領、風刺画家には「ハンサム過ぎ」で不評
 [ブリュッセル 20日 ロイター] 米国ではバラク・オバマ新大統領が誕生したが、風刺画家にとっては..........≪続きを読む≫


2008073021-1.jpg


確かに(笑
オバマ大統領を崩して描くのは難しいかも。
彼の外見はスマートすぎる印象が強い。
顔のパーツの一部が極端に大きいわけでもないし。
有色人種初のアメリカ大統領ということを誇張して描くわけにもいかないだろうし。
実際、彼は茶化したらいけないようなカリスマ性を備えていると思う。
支持率が高いのでブッシュ元大統領と一緒に表彰台に上げてみる?
オバマ大統領の段が極端に高くできているような表彰台。
外見が弄り難いので工夫が必要だろうなー。
ニュースの最後のほうで「ブッシュ前大統領は最良の風刺対象だった」と書かれているのが笑えた。「最良」って。。。
大統領選挙も僅差で勝って曰くつきのスタートだったし。

上の風刺画は『New Yorker』誌の表紙。
「テロリストを連想させる」と物議をかもしだしているようです。
どういう意図でこの絵を描いたか理解に苦しみます。



けい

にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2009/01/25 15:23 ] 海外ニュース | TB(0) | CM(4)
Ads by Google
カスタム検索
@roots
Ads by Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。